2週間の仕事サイクルの各日程の呼び方について

RedoIT の仕事は、2週間(木曜日から翌々木曜日まで)単位です。開発能力テストに合格すると最短で翌週から働くことができます。2週間の仕事サイクルの各日程は以下のスケジュールで進行します。各日程を特殊な呼び方をします。すべての資料で統一して使われていますので、覚えてくださるとやりやすいです。

 

ゼロ日目

仕事が始まる日です。自己紹介と役割分担をします。交通費の精算をします。
もし最終日のチームと会場が重なった場合、9時からの報告会を見学します。
10時からは通常通り木曜日のもくもく会です。

初日

お客様の会社にうかがい、要件を聞き、契約書を交わす日です。8時にお客様先にうかがいます。
終わった後、近所の喫茶店などで、課題MTG ①をおこないます。

前半1〜3日目

前半の3日間のことです。8時集合で、8時10分から担当者さんと朝ミーティングをおこないます。8時半から11時半までが作業時間です。その後12時まで、ペアコールをおこないます。

折り返し日

折り返し日です。担当者さんはいらっしゃいません。チームメンバーだけで、課題MTG ②があります。
10時からは通常通り木曜日のもくもく会です。この時間を利用して、報告会準備をしていきましょう。

後半1〜3日目

後半の3日間のことです。8時集合で、8時10分から担当者さんと朝ミーティングをおこないます。8時半から11時半までが作業時間です。その後12時まで、資料のまとめをおこないます。

納品日

お客様の会社に行き、ソースやドキュメントを納品してくる日です。8時にお客様先にうかがいます。
終わった後、近所の喫茶店などで、課題MTG ③をおこないます。

最終日

いよいよ最後の日です。まずは報告書類を提出して請求をします。9時から報告会を行います。
10時からは通常通り木曜日のもくもく会です。

※※ 注意 ※※

前半3日間、折り返し日、後半3日間、最終日で会場が異なる可能性がありますので、注意してください!

 

応募は必要ありません。もくもく会に参加し、開発能力テストを受験してください。

開発能力テストの概要はこちらです。

 

 

Follow me!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *