学習成果の確認にぴったりの開発能力テストを受けてみませんか?

RedoIT では、毎週木曜日、それと毎月1回土曜日にもくもく会を開催しています。くわしくはこちら(リンク先 connpass )です。

もくもく会を主催していて思ったことは、「もくもく会は、勉強することや仕事がないと参加できない」ことです。

システムエンジニアだからといって、課題を持っていたり、学びたいことを持っていたりするわけではありません。また、システムについて知れば知るほど、「これからどんな勉強をしていけばいいんだ?深すぎて何に挑戦すればいいかわからない」という方がいるようです。

そこで、

  • もくもく会には興味あるけど、やることはどうしよう!?という方。
  • プロゲートはひととおり見たけど、どうやったら仕事につながるかわからないという方。
  • 「わたしは本当に初学者を脱したのか?」と思っている方。

RedoIT の開発能力テストを受けてみるのはどうでしょうか?

RedoIT の開発能力テストは、Webシステムのアルファ版を一人で制作することが課題になっています。この開発能力テストは RedoIT に参加しているシステムエンジニアが、「SESを3年で退職して最初に受注した仕事をベースに少しアレンジを加えたもの」です。

概要はこちらです。

 

たしか当時の受注金額が、着手金30万、納品後の支払いが50万で計80万にプラスαで追加開発があったような記憶があります(わたしの案件でした)。CakePHP で2ヶ月で実装して納品しました。開発能力テストの目標時間は3時間半ですので、ほんのさわりだけですが、PHP/Python/Java/Ruby を学びたいシステムエンジニアさんには、うってつけの課題ではないでしょうか。

テストに必要な技術はこんな感じです。

  • 要件定義の終わっている Webシステムを、設計から作ること。(DB、フレームワーク、画面デザイン全部)
  • 決まっていないことを「決まっていないまま」進めること。
  • 小さく、早く作ること。余計なものは作らないこと。

開発能力テストの合格とは関係ありませんが、いくつかポイントがあり、一度やっていれば応用がきくものが多くあります。例えば GET と POST。セッションと Cookie 。キャッシュなどなどです。あとはテストにはメール送信が出てきます。文字化けを体験してもらいたいなと思っています。

本日( 2019.3.4 )から開発能力テストが受けやすくなりました。

RedoIT の開発能力テストは、本日から本名、名前、住所を事前に申請する必要がなくなりました。なのでもくもく会に参加してみて、管理人さんと話をしてみて、それからやるかやらないか決めることができるようになりました。

また、開発能力テストは時間内に終わらなくても、持ち帰ってもらって、きちんと完成させることができてから、またもくもく会に参加して管理人さんに確認してもらうことができます。ようするに、「これくらいのシステムなら自分で作れた」という実績を見るテストです。

さらになんと!匿名性を重視するシステムエンジニアさん向けに、開発能力テストを受けて合格しても、RedoIT の開発者として登録しなくてもよくなりました。テストだけを受けることが可能です。

開発能力テスト、ちょっと興味がある方、ぜひもくもく会にご参加ください。
みなさんのご参加を心からお待ちしています^_^

この話題の知識を共有していただけませんか?