学習成果の確認にぴったりの開発能力テストを受けてみませんか?

RedoIT では、毎週木曜日、それと毎月1回土曜日にもくもく会を開催しています。くわしくはこちら(リンク先 connpass )です。

もくもく会を主催していて思ったことは、「もくもく会は、勉強することや仕事がないと参加できない」ことです。

システムエンジニアだからといって、課題を持っていたり、学びたいことを持っていたりするわけではありません。また、システムについて知れば知るほど、「これからどんな勉強をしていけばいいんだ?深すぎて何に挑戦すればいいかわからない」という方がいるようです。

そこで、

  • もくもく会には興味あるけど、やることはどうしよう!?という方。
  • プロゲートはひととおり見たけど、どうやったら仕事につながるかわからないという方。
  • 「わたしは本当に初学者を脱したのか?」と思っている方。

RedoIT の開発能力テストを受けてみるのはどうでしょうか?

RedoIT の開発能力テストは、Webシステムのアルファ版を一人で制作することが課題になっています。この開発能力テストは RedoIT に参加しているシステムエンジニアが、「SESを3年で退職して最初に受注した仕事をベースに少しアレンジを加えたもの」です。

Continue reading “学習成果の確認にぴったりの開発能力テストを受けてみませんか?”

【もらえます】短期の開発を支えるツールのご紹介

RedoIT の仕事をすることになった方へ!

RedoIT の仕事はテンプレートに沿って進んでいきます。各作業に必要なツールは、第1回目の仕事の前に応募フォームで入力いただいた住所へ郵送されます。

ツールの内容をご紹介します。

  • OAタップ
  • Webカメラ
  • 卓上三脚
  • リーフレットと名刺入れ
  • バタフライボード
  • ホワイトボードマーカーとクロスとイレイザー
  • ペンケース、ポーチ

ポーチやペンケースは色が変わる場合がありますので、ご了承ください 1)恥ずかしい色にはしません! m(_ _)m

Continue reading “【もらえます】短期の開発を支えるツールのご紹介”

References   [ + ]

1. 恥ずかしい色にはしません!

土曜日に開発能力テストを受けていただけるようになりました。

RedoITでは、実際に仕事をしていただく前に、開発能力テストを受験していただいています。くわしくはこちらをご確認ください。

いままでテストは、平日木曜日に実施していました。それは、「平日に仕事をするのだから平日木曜日限定でいいだろう」と考えていたからでした。

しかし、まずは力試しに休日に試験を受け、それからのことは試験後に考えたいという方がいらっしゃることがわかりました。

そこで、毎月1回行っている土曜日のもくもく会の会場で、試験を受けることができるように準備しました。

この機会にぜひ、RedoITの開発能力テストを受験してみてください!
そして、RedoITで一緒にお仕事をしましょう!

名古屋駅前会場の次の土曜日は2019.3.2(土)です。

みなさんのご応募を心からお待ちしています ^_^

2週間の仕事サイクルの各日程の呼び方について

RedoIT の仕事は、2週間(木曜日から翌々木曜日まで)単位です。開発能力テストに合格すると最短で翌週から働くことができます。2週間の仕事サイクルの各日程は以下のスケジュールで進行します。各日程を特殊な呼び方をします。すべての資料で統一して使われていますので、覚えてくださるとやりやすいです。

Continue reading “2週間の仕事サイクルの各日程の呼び方について”

システムエンジニアの応募資格が変更になりました

RedoIT の応募資格は、会社設立以前から、非常に長い時間をかけて検討されてきました。そして、公開されていました。いままでの応募資格をご覧ください。

応募資格

大学卒(情報処理やコンピュータサイエンスなど専門学科)
もしくは、基本情報処理技術者以上の国家資格取得者
もしくは、プログラマとして3年以上活動している(していた)方。(どこかの会社に勤めていても、フリーで活動していてもよい)

応募要件

HTML, Javascript, CSSができること。
PHP/Ruby/Java/Pythonのうち2つ以上ができること。
RDBMSを利用したシステム開発をしたことがあること。(SQLが使えること)
勤務日までに、Git, Slackを使えること。
自分でPC(ローカル)に開発環境を構築できること。

 

この内容を見返すと、はっきり言って優柔不断でした。半年間も公開していましたが、この条件さえなければと思ってくださったかたも多いかもしれません。

新しい応募資格はこちらです。

  • 指定された会場まで、朝8時に通勤できること。
  • ノートパソコンを所持していること。
  • 開発能力テストに合格できること
  • 18歳以上であること。

Continue reading “システムエンジニアの応募資格が変更になりました”

RedoIT のしごと 7つのWHY?

WHY1 なぜ、4人で作業するのですか?

スクラムチームは、3〜10人が基本とされています。RedoITでは、まずはペアプログラミングを実施することが前提で偶数になりました。

そして、「5人でユーザーテストすることで、ユーザビリティの問題のうち85%は見つけることができる1)Jakob Nielsen , Thomas K. L著「A mathematical model of the finding of usability problems」1993年」との論文に出会い、依頼主側担当者+メンバー4人で計5人のメンバーによって作業することが、もっとも小さいチームとしていろいろ具合のいい数字であるという結論にいたりました。

Continue reading “RedoIT のしごと 7つのWHY?”

References   [ + ]

1. Jakob Nielsen , Thomas K. L著「A mathematical model of the finding of usability problems」1993年

3社限定大幅値引き!お仕事の発注予約の受付を開始いたします!【名古屋周辺】

RedoITの存在意義に共感いただき、「仕事を依頼しようかな」とお考えいただいたみなさん。本当にありがとうございます!

わたしたちはすぐにでも仕事を始めて、みなさんのちからになりたいと考えています。午前中に活動できるフリーランスのシステムエンジニアさんは2019年5月現在3名集まりました。もう少々お待ちいただきたいと思います。

システムエンジニアが4名集まり次第、最優先でご連絡を差し上げるお約束をする予約フォームを作成いたしました。メンバーが集まるまでお待ちいただくデメリットがございますが、最も早くわたしたちのサービスを体験していただくことができます!

通常価格80万円(税抜)のところ、20万円値引きし、60万円(税抜)にてご提供いたします。

本当に心苦しいのですが、値引きと引き換えに、3つ条件を設定させていただきました。

  1. 本来であれば、打ち合わせ初日に「ちょっと違うな」と思った場合、全額返金をお約束しています。しかし、こちらの予約フォームからご予約いただ場合は、キャンセルせずに、最後まで仕事をさせていただきたいと思っています。
  2. 料金60万円+税をPaypalにて前払いでお支払いをお願いいたします。
  3. 2週間の期間終了後、弊社社長(永井祐子)が御社まで参りますので、どうぞ率直なご意見をお聞かせください。もしそのインタビューの内容やお写真をホームページへ掲載させていただけるとうれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

仕事を依頼する

お読みください。

※ 【社内公開】と記載された項目は、ご入力いただいた内容をそのまま、社外秘の社内求人掲示板へ1週間(受付締切は次の木曜日AM12時まで)公開いたします。

※ そこで4名以上のシステムエンジニアが参加申込をした場合、ご依頼をお引き受けいたします。締切の翌週の金曜日に貴社へ訪問するスケジュールでメールにて連絡差し上げます。お忙しいところ大変恐縮ですが、ご連絡を差し上げた翌日までに、ご請求金額を前払いにてお支払いください(支払い受付はPayPalのみです)。

※ もし参加人数に満たなかった場合、受付締切となる次の木曜日AM12時に自動で「キャンセルなさいますか?」とメールにて連絡差し上げます。キャンセルしない場合は、お手数をおかけしますが、URLより再度お手続きをお願いいたします。

例) 本フォームよりご依頼 5月14日(火) → 5名が応募 → 受付締切 5月16日(木)AM12時 → [即時]自動抽選にて4名選出 → [即時]ご依頼をお引き受けする旨をメールにて連絡 → 支払期日 5月17日(金) → 5月20日(月)入金確認および資料・書類発送 → 作業期間は5月24日(金) 〜 6月5日(水)まで

例) 本フォームよりご依頼 5月14日(火) → 2名が応募 → 受付締切 5月16日(木)AM12時 → [即時]「キャンセルなさいますか?」をメールにて連絡 → 再依頼 or キャンセル

※ RedoIT では、応募メンバーを自動的に抽選いたします。できるだけ、メンバーの組み合わせを固定しないように留意しています。

※ 同一の担当者様は、1週間に1度しか受付できません。複数のご依頼を同時になさる場合は、担当者様(お名前・メールアドレス)をご変更ください。

※ 自社の従業員、あるいは懇意なシステムエンジニアさんに、このプロジェクトに参加してもらいたいと思っているご担当者様。まずは従業員様、あるいは懇意なシステムエンジニアさんに開発能力テストに受験のうえ、合格していただくようにご依頼ください。そして、「希望するメンバーの Slack の メンバーID」に、 Slack ID をご指定ください。その方が社外秘の社内求人掲示板にて、このプロジェクトに参加申込をされた場合、最優先でメンバーとなります。

ご依頼内容

ご依頼いただくシステム開発の内容をご入力ください。



お客様情報

「JR京浜東北線 東京駅 八重洲北口」のようにお書きください。

Slack のアプリを開いて、[View profile] -> [Copy member ID] で取得できます。


ご確認ください。