学習成果の確認にぴったりの開発能力テストを受けてみませんか?

RedoIT では、毎週木曜日、それと毎月1回土曜日にもくもく会を開催しています。くわしくはこちら(リンク先 connpass )です。

もくもく会を主催していて思ったことは、「もくもく会は、勉強することや仕事がないと参加できない」ことです。

システムエンジニアだからといって、課題を持っていたり、学びたいことを持っていたりするわけではありません。また、システムについて知れば知るほど、「これからどんな勉強をしていけばいいんだ?深すぎて何に挑戦すればいいかわからない」という方がいるようです。

そこで、

  • もくもく会には興味あるけど、やることはどうしよう!?という方。
  • プロゲートはひととおり見たけど、どうやったら仕事につながるかわからないという方。
  • 「わたしは本当に初学者を脱したのか?」と思っている方。

RedoIT の開発能力テストを受けてみるのはどうでしょうか?

RedoIT の開発能力テストは、Webシステムのアルファ版を一人で制作することが課題になっています。この開発能力テストは RedoIT に参加しているシステムエンジニアが、「SESを3年で退職して最初に受注した仕事をベースに少しアレンジを加えたもの」です。

Continue reading “学習成果の確認にぴったりの開発能力テストを受けてみませんか?”

土曜日に開発能力テストを受けていただけるようになりました。

RedoITでは、実際に仕事をしていただく前に、開発能力テストを受験していただいています。くわしくはこちらをご確認ください。

いままでテストは、平日木曜日に実施していました。それは、「平日に仕事をするのだから平日木曜日限定でいいだろう」と考えていたからでした。

しかし、まずは力試しに休日に試験を受け、それからのことは試験後に考えたいという方がいらっしゃることがわかりました。

そこで、毎月1回行っている土曜日のもくもく会の会場で、試験を受けることができるように準備しました。

この機会にぜひ、RedoITの開発能力テストを受験してみてください!
そして、RedoITで一緒にお仕事をしましょう!

名古屋駅前会場の次の土曜日は2019.3.2(土)です。

みなさんのご応募を心からお待ちしています ^_^

システムエンジニアの応募資格が変更になりました

RedoIT の応募資格は、会社設立以前から、非常に長い時間をかけて検討されてきました。そして、公開されていました。いままでの応募資格をご覧ください。

応募資格

大学卒(情報処理やコンピュータサイエンスなど専門学科)
もしくは、基本情報処理技術者以上の国家資格取得者
もしくは、プログラマとして3年以上活動している(していた)方。(どこかの会社に勤めていても、フリーで活動していてもよい)

応募要件

HTML, Javascript, CSSができること。
PHP/Ruby/Java/Pythonのうち2つ以上ができること。
RDBMSを利用したシステム開発をしたことがあること。(SQLが使えること)
勤務日までに、Git, Slackを使えること。
自分でPC(ローカル)に開発環境を構築できること。

 

この内容を見返すと、はっきり言って優柔不断でした。半年間も公開していましたが、この条件さえなければと思ってくださったかたも多いかもしれません。

新しい応募資格はこちらです。

  • 指定された会場まで、朝8時に通勤できること。
  • ノートパソコンを所持していること。
  • 開発能力テストに合格できること
  • 18歳以上であること。

Continue reading “システムエンジニアの応募資格が変更になりました”